shoot-first.cocolog-nifty.com > コダクローム作例一覧

和歌山港にて

和歌山港にて

KR64
ボディ:ミノルタα7000
レンズ:AFズーム35-70/f4

日本や独逸が作ったカメラ・レンズはどのメーカーのものでも不足なく撮影できます。ゆえにどのカメラとレンズで撮ったというデータはウェブサイズで写真を見る限りでは大して意味はないのかも知れません。カメラやレンズのデータは参考程度とお考え下さい。


水晶橋

水晶橋

KR64
ボディ:ミノルタX-700
レンズ:MD50/f1.7


C622号機の除煙板

C622号機の除煙板

KL200
ボディ:ミノルタα7000か9000
レンズ:AFズーム35-70/f4


道

KR64
ボディ:ミノルタα7000
レンズ:AFズーム35-70/f4

機材は忘却の彼方。恐らく上記で間違いないとは思いますが参考程度で・・・。


湯布院町

湯布院町

KR64
ボディ:ソ連製ライカコピー機
レンズ:エルマーコピー50/f3.5

ソ連がライカのレンズを元に作った沈胴式50ミリレンズです。おそらくインダスターという銘柄だろうと思いますがエルマーと名乗っているのでソ連系エルマーレンズとしておきます。
解像度に期待しないほうが良いけれどきちんと撮れば落ち着いた描写を見せるよいレンズです。


祇園白川の夜櫻

祇園白川の夜櫻

KR64
ボディ:ミノルタα7000か9000
レンズ:忘却。写っていればそれでよい。眼力のある人ならどういったレンズを使ったかはたちまち見破ることでしょう。


三千院の新緑

三千院の新緑

KR64
ボディ:ミノルタα9000
レンズ:AFズーム100-300/f4.5-5.6

ミノルタのレンズはしょぼいものでもボケ味はまぁまぁ。金を出せば、といっても他社に比べれば若干安い値で美しいボケ味のレンズを手にすることが出来た。よいメーカーだったのに市場から撤退してしまったのは寂しい限りであります。


干し柿

干し柿

KM25
ボディ:コンタックスRX
レンズ:プラナー50/f1.4

KMはISO感度が25と低い。35ミリ一眼レフといえどもこのフィルムを使うのであればいざという時のために三脚は必須です。しかし光がたっぷりある条件下でも被写体が陰に入るような場合はシャッター速度が落ちてしまいます。いくらボディをしっかり三脚で固定出来ても被写体ブレまでは防げないので結構使い方が難しいフィルムです。


雪河

雪河

KR64
ボディ:コンタックスG1
レンズ:プラナー45/f2.0

G1はピントさえ合えば大変使いやすくて良いカメラです。小さい割に存在感ある重さも魅力の一つ。優秀なレンズも価格としてはバーゲンといってもいいほど安く、旅行で持っていくならこれ一台で充分でしょう。いつまでも使いたいカメラですが京セラが市場から撤退した今、G1はメーカーによる補修期限が切れてしまいました。


灯火

灯火

KR64
ボディ:ミノルタα7000
レンズ:AFズーム35-70/f4


浮見堂

浮見堂

KR64
ボディ:ミノルタα7000
レンズ:AFズーム35-70/f4


浮見堂(ガンマ補正画像)

浮見堂(ガンマ補正画像)

KR64
ボディ:ミノルタα7000
レンズ:AFズーム35-70/f4

写真というものは何もかも見えてしまうと面白くない場合もあるのです。


DE101066号機

DE101066号機

露出壊滅状態で色が出ないコマを反転させて修正した画像。
粒子が比較的揃っているので細工を施しても見られる画像ではあります。


チューリップ

チューリップ

KR64
ボディ:コンタックス167MT
レンズ:プラナー50/f1.7

アンダー目に露出を詰めすぎたコマを修正したもの。良い絵ではありませんが見られる程度にはなっています。逆に露出を飛ばしてしまったコマの修正はほぼ絶望的です。


円山公園の枝垂櫻

円山公園の枝垂櫻

KR64
ボディ:ミノルタα7000
レンズ:AF50/f1.4

京都では最もよく知られた枝垂櫻の一つです。見事としか言いようがない姿ですが、さすがに近年は樹勢が衰えてきました。これは樹木そのものの衰えとは別に酸性雨など外的要因の影響をも受けており、環境問題を直に考えさせてくれる櫻でもあります。


京阪3000系

京阪3000系

KR64
ボディ:α9000
レンズ:忘却。おそらくシグマ28-70/2.8だと思います


京阪京津線80形

京阪京津線80形

KR64
ボディ:ミノルタα7000
レンズ:不明。