カテゴリー「NATURA」の記事

2005.10.07

【写真】NATURAで散歩(3)

元遊郭の画像その1

さすがに24mmではきつい空間ですが、貧乏たらしく全景を収めようと思うからろくでもない写真しか撮れないのです。何を主題にしてきちんと撮るかをよく考えないと、さすがに24mmレンズは難しいです。もちろんこれは駄作の一例です。

銭湯

京阪電車中書島駅のすぐ近くにある銭湯です。外装はコンクリートだと思うのですが、ちょっとメタリックな感じに写りました。

琵琶湖岸にて

天気が悪い日はどんよりした雲を主役に琵琶湖で一枚。高感度フィルムで撮るとちょっと荒れた調子で表現出来て面白いです。吹雪く海岸風景や雨や雪が降る裏通りの様子なんかが被写体として良さそうです。もちろん錦秋の風景をパステル絵画調に写すことも出来そうですね。

(了)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.03.08

【写真】NATURAで散歩(2)

NATURAで散歩(1)からの続きです。

長建寺の画像

長建寺。宇治川派流沿いに歩いていくと目に入る弁財天を祀るお寺です。宗派は真言宗醍醐寺派だそうです。戦前まで栄えた遊廓の遊女たちが芸道上達などのご利益を願ったそうです。

木津の家さんの画像

では、戦後廃れてしまった中書島遊郭の名残りや味わいある風景を探してみましょう。
まずは旅館木津の家さん。二階の窓にある手すりのデザインがどことなくそれらしい。

民家の画像

ちょっと独特なデザインのお家を見つけました。昔の港町に因んでモチーフは魚の鱗か何かでしょうか。

路地裏の画像

路地裏。今はアスファルト舗装されたところが多くなっていますが、まだこのような懐かしい風景が残っていました。
歪曲が良好に補正されているため、画面端の電柱、建物はほぼ真っ直ぐ写っています。
こうした狭いところですと、NATURAの24ミリレンズは重宝します。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.07

【写真】NATURAで散歩(1)

某月某日。
モニター募集に応募して手許に来た富士写真フィルム株式会社のナチュラを手に散歩してみました。

ナチュラボディの画像ナチュラ(NATURA)とはこんな姿のカメラです。
薄いデジカメを見慣れた目にはちょっと太めのボディですが、大きさとしては適当なので握りやすく出来ています。
最大の特徴は広角24ミリで開放F値が1.9という明るいレンズ。さて、散歩カメラ、旅カメラとしての実力はいかに。

続きを読む "【写真】NATURAで散歩(1)"

| | コメント (6) | トラックバック (0)