« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013.10.31

【京都】大中さんの「並」

大中さんの「並」の写真

前回、8月に「特濃」を頂いてから、およそ2ヶ月ぶりの訪問です。期間限定という触れ込みの「特濃」は、まだメニューの第一線を飾っていて、どうやら好評のようですね。680円也。
今日は「並」を頂きます。「元味で、麺の固さは普通、スープは濃い目、・・・温泉卵入り」などと細かく注文して、ほどなく出来上がり。
今回は試しに葱を多めにしてみましたが、ちょっぴり失敗でした。
スープのこってり具合は満点です。自業自得の葱以外は大変よろしかったです。お代は500円。
ごちそうさま。
交通:京阪本線伏見桃山駅・近鉄京都線桃山御陵前駅下車、徒歩数分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.29

【京都】大黒ラーメン東福寺店さんのラーメンと餃子

大黒ラーメン東福寺店さんのラーメンの写真

月に一度の大黒ラーメンさんです。
小雨がぱらつく空模様のせいか、先客はいらっしゃいませんでした。
いつものように(並)を注文しますが、気温が低めなので麦酒は止めて餃子をお願いしました。

大黒ラーメン東福寺店さんの餃子の写真

ラーメンは相変わらず満足のいく仕上がりです。
そして今日の餃子は皮がぱりぱりに焼けていて、個人的にはいい気持ちで食べることが出来ました。
今日も美味しかったです。
ごちそうさま。
交通:京阪本線・奈良線東福寺駅下車、すぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.28

【滋賀】鳶のポートレイト

鳶のポートレイトの写真

職場の窓から早朝の空を見上げていると様々な鳥がやってきます。
遠くには雁の仲間の鳥がV字を組んで飛び、すぐそばには鳩や烏、そしてこの写真の鳶が舞い降りてきます。
手が届きそうなくらい近くで羽を休めていたので、朝のご挨拶にと一枚ぱちり。
なかなかの男前(美女?)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.27

【滋賀】秋色の銀杏

秋色の銀杏の写真

銀杏の葉がゆっくりと秋色へと姿を変えようとしています。
蒸し暑い日が続いたかと思うと急に寒くなったりして、秋の印象が薄い今年ですが、季節の色はきちんと変化しているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.22

【京都】YEBISU BAR

YEBISU BARの写真

まだ午後六時前だというのにすっかり暗くなってきました。
まだこの時間だとヱビスバーもゆっくり座れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013.10.18

【京都】珍遊三条店さんの醤油(大)

珍遊三条店さんの醤油(大)の写真

今日の遅い昼食は、これまた相当お久しぶりの珍遊三条店さんで醤油(大)を頂きました。並、中、大、それぞれのサイズのどれを頼んでもお値段は650円均一です。お腹が減っていたこともあって、有り難く(大)を注文しました。麦酒はアサヒ超乾燥なのでパス。
待つほどもなくすぐに出てきました。
スープは背脂たっぷり鶏ガラ醤油。一口含んでみますと、熱々で辛い。けれどもしつこさはありません。コクもどちらかといえば少なめで、見た目の背脂攻撃とは裏腹に意外とあっさり味です。麺は自家製で細めのストレート。コシの強さが存在感を主張しますが食べやすい。トッピングは海苔、刻み葱、支那竹四本、叉焼二枚。叉焼はもうひと踏ん張りして欲しいと思いますが許容範囲ではあります。
始めは辛目と思ったスープも、麺をもりもり頂いているうちに丁度よい加減に感じられてきて、なかなかの一杯でありました。
交通:京阪本線三条駅、京都市営地下鉄京都市役所前駅から徒歩約7〜10分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.17

【天文】十三夜

十三夜の写真

旧暦、9月13日の「十三夜」の月です。
京都ではあいにく雲が多く、少々霞んだ姿で浮かんでおりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.16

【天文】台風一過のお月様

台風一過のお月様の写真

台風26号が通り過ぎた16日夜に昇ったお月様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.15

【京都】博多長浜ラーメンみよしさんのラーメン

博多長浜ラーメンみよしさんのラーメンの写真

今日の遅い昼食は、相当お久しぶりの博多長浜ラーメンみよしさんでラーメン。京都は三条木屋町、三条小橋の角を南に折れてすぐのところに古くからあるお店です。夜通し営業しているので、酒を飲んだ後によく立ち寄っていたのですが、ランチの時間帯にもやっていて、午後3時くらいまでならラーメン一杯が通常から100円引きの500円です。他のメニューも大体100円引きで食べられるはずです。
スープはまろやか豚骨。麺は細麺ストレートで、やや固めで出てきます。トッピングは刻み葱、叉焼二枚とこま切れ肉、支那竹。こま切れの肉は大変美味しい。
後載せのトッピングも豊富で、高菜やごま、カレー粉などお好みのものが無料で添えることができます。
スープは昔に比べて口当たりがまろやかになっている気がします。こってりが苦手な女性でも普通に食べられる印象でした。なお表面がすぐにぬるくなるので気になる方は少々かき混ぜてみて下さい。
お値段は600円(並)。支払いの際、千円札で払う人はあと百円足して払うべし。
交通:京阪本線、京都市営地下鉄三条駅から徒歩約5分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.11

【京都】ますたにさんの(並)/京都拉麺小路

ますたにさんの(並)/京都拉麺小路の写真

今日の遅い朝食兼昼食は、お久しぶりに京都拉麺小路のますたにさんでラーメン並。あまりに蒸し暑いのでサッポロラガーも頂きます。
スープは背脂正油豚骨にトッピングは刻み葱、叉焼、支那竹。
驚くほど美味しい味ではないですが、ちょっとお腹が空いた時にお気楽に立ち寄って食べられる仕上がりです。今日の叉焼は美味しかった。
スープは少々混ぜて一味を味わうのがこつ。
お値段は600円(並)。
交通:東海道本線京都駅・駅ビル10F。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.10

【神奈川】熱烈中華食堂日高屋さんのラーメン(大盛り)/JR橋本駅店

熱烈中華食堂日高屋さんのラーメン(大盛り)の写真

そういえば、今日は朝からサンドウィッチ程度しか口にしていない。
そんな中、電車を乗り継いで横浜へ向かう途中、相模線に乗り換える為に下車した橋本駅構内で目についた日高屋さんに入ってみることにしました。
ラーメンが390円也。サンキューにひっかけた値段なのかしら。食券を買ってカウンターに座ろうとしたら店員さんが追加料金なしで大盛りが出来ますと伝えてくれたので、お願いしますと言って、試してみることにしました。
あまり待たずに大盛りのラーメンが届きました。
トッピングは刻み葱、海苔、叉焼、支那竹。スープは「駅そば」らしく、手間要らずのあっさり系正油。
トッピングの具に手抜きはない。スープは若干油っこい印象ですが、値段を考えると悪くはない。叉焼、支那竹も同様、値段の割に味は普通です。店員さんの接客も普通だ。一方で、麺はがっかり度=大。大盛り頼んじゃいましたよ・・・ぶひ。なんだか、言い方は悪いけれど、プラスチックの糸を食べているみたい。味がしませんよ。ラーメンなのだから麺が勝負のはずなのに。
駅中、駅前のお手軽系とはいえ、もうちょっと麺には気を使った方が良いと思います。なので、麺に関しては論評に値せず。
交通:横浜線橋本駅構内。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.09

【京都】中国料理西海さんのラーメン

中国料理西海さんのラーメンの写真

所用にて旅立ちの前の腹ごしらえ。これから約8時間もバスに揺られるのです。
カウンターに案内され、お昼の焼飯セットメニューの一つにラーメンの組み合わせがあったので注文しました。800円也。
込んでいるお昼時でしたが、普通かそれ以下の所要時間で出てきました。
トッピングは刻み葱、もやし、叉焼、支那竹。スープはあっさり系の正油。
トッピングに手抜きはないし、スープも、そしてもちろん焼飯も普通に味わえます。焼飯、なかなかいいです。ただ、ラーメンに関しては麺がもう少し美味しければ、と思います。固さなどの仕上げは文句なしです。叉焼も美味しい。支那竹はまあまあ。
ちゃっちゃと食べて腹一杯になって・・・という向きには全然問題ない水準に仕上がっています。短時間で出てくるラーメンとしては具沢山で真面目に出来ていますので、安心して入れるお店です。お店は名神高速深草バス停から適度な徒歩圏内の距離にあり、長駆のバス旅に出られる方には、乗車前のお食事処としてもうってつけだと思います。
交通:京阪電車藤森駅から徒歩5分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.01

【京都】お食事処いなりさんの中華そば

お食事処いなりさんの中華そばの写真

お正月には特に賑わう京都は伏見稲荷大社の近くで、古くから営業されているお食事処「いなり」さんへ中華そばを食べに行ってきました。
幼少の頃、この界隈に住んでいましたので、何度か利用したこともあるお店です。
古びた戸びらを押し開けて入ると先客が2人。タクシー運転手らしきおっさんと初老のおばさん。店内はおそらく何度か改装されているのでしょう、年月とともに古びてしまったという印象はなく、小綺麗です。昭和の面影は出入り口の扉と店頭にある蝋細工のお料理サンプル、店内喫煙可・・・くらいでしょうか。子供の頃はもう少し暗い店内だった印象がありますが、流石に詳細など思い出せるはずもなく、今を楽しむことにしました。
煙草を吸いながら客席で新聞を読んでいたひげのおっさんが「いらっしゃい」と立ち上がって水を出してくれました。中華そばを頼むとおっさんは愛想良く応えて奥へ入りました。適当な席に座ると灰皿にはたばこの吸い殻が一本。根本的にはお気楽なのでしょうか。しばらくするとこの店の跡継ぎさんらしき人たちが帰ってきて、客のおっさんと「暑いですね〜」「まだミンミンゼミ鳴いとったで」などと会話を交わしています。
待つことしばし。透き通った鶏ガラ正油のラーメンが出てきました。トッピングは刻み葱、支那竹4本、叉焼2枚。麺は細めのストレート。レンゲがないのでまずは麺から。ちょっと柔らかめに仕上がっていて、物足りない歯ごたえです。支那竹は普通。しかし叉焼はよく味がしみていておいしい。スープはあっさり正油で、胃に優しい。控えめながらしっかりした出汁が好ましい。
これでお値段は550円。高すぎず安すぎずというお値段ですが、伏見稲荷大社という観光地を考えると格安です。今日、一度食べただけなので断定は出来ませんが、麺はもう若干固い方が有り難かったです。次に機会がありましたら、麺を固めで頼んでみようと思っています。
交通:京阪電車伏見稲荷駅から徒歩すぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »