« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013.09.30

【滋賀】明け方の月

明け方の月の写真

夜が明け始めた下界の様子を雲間から月が見下ろしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.28

【京都】キバナコスモス

キバナコスモスの写真

まだ気温が高いせいか、キバナコスモスが元気に咲いています。
近所の公園にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.27

【京都】大黒ラーメン東福寺店さんのラーメン

大黒ラーメン東福寺店さんのラーメンの写真

東福寺の大黒ラーメンさんの手持ちの割引券が今月一杯なので、意を決して出かけてきました。
伏見桃山にある大黒ラーメンさんの、いわゆる支店です。どちらも味の良さと値段のお得感で安定した人気を誇る名店です。
がらがらと引き戸を開けて入ると先客が数人。朝、昼とも食べられないまま夕方になってしまいましたので、ラーメンと餃子を注文します。
待つほどもなくラーメンが届きました。お腹が空いていたこともありまして、すぐさまスープを含み、続いて麺を頂きます。今日も安定したお味です。トッピングは刻み葱、もやし、叉焼。叉焼はお好みにより、しばしスープに浸しておいた方が美味しく食べられます。

続きを読む "【京都】大黒ラーメン東福寺店さんのラーメン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.24

【京都】太陽軒さんのおいしいラーメン

太陽軒さんのおいしいラーメンの写真

格安で美味しいという噂を聞いて訪問してみました。
京阪電車宇治線観月橋駅を降り、宇治川の橋を渡ってすぐのところにあるお店です。前まで行ってみると暖簾はかかっていますが、店内は灯りがついていません。おや?思い切って戸を開けて入ると、TVを見ていたおかみさんがいらっしゃい!と出て来られて店内の電気がつきました。ご主人もいらっしゃいと出て来られました。先客はもちろん、なし。こまめに電気を消して節約されているようです。
今日は朝ご飯を食べないまま午後になってしまいましたので、小炒飯との定食を注文します。

続きを読む "【京都】太陽軒さんのおいしいラーメン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.23

【滋賀】たきのさんの中華定食/大津市

たきのさんの中華定食の写真

ふと思い立って今日のお昼休みは大津市は膳所にある「たきの」さんに参りました。
10年以上のお久しぶりです。しかしメニューを見るとお値段は全然変わっていないような気がします。お久しぶり記念に、これまで食べた事がなかった中華定食を注文します。
開店してまだ時間が経っていないのにすでに先客がお二人。どちらも常連の方のようです。そしてまた一人常連さんがいらっしゃって、小さい店内があったいう間に賑やかになりました。
職人気質のマスターは10年見ない間にお年を召されましたが、寡黙でゆったりとした動作でありながらしっかりした仕事ぶりは健在です。店内のレイアウトも昔のままで、気持ちが落ち着きます。さらに刮目すべきは、備え付けのTVが今や貴重なブラウン管式。なのにしっかり電波を受けています。ううむ。デキる。

続きを読む "【滋賀】たきのさんの中華定食/大津市"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.22

【滋賀】彼岸花

彼岸花の写真

通勤経路にある滋賀大学教育学部附属中学校の駐車場に、ひっそり一本だけ咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.21

【京都】新福菜館伏見店

新福菜館伏見店の写真

お久しぶりです。今日は軽くラーメン(並)を頂きます。
待つ事しばし。
研修中の新しいバイトさんが元気よく丼を置いてくれました。さっそくスープを含んでみます。おや、今日は味が落ち着いてしっかりしている。続いて麺を頂いてみると、味も固さもちょうどいい。もっとも味は主観的要素に左右されることが多いのですが、それでも今日の出来上がりは満点です!
美味しかったです。ごちそうさま。
交通:近鉄伏見駅から国道24号線に沿って京都方面へ徒歩約5分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.20

【京都】ぎょうざの店冨士さんのラーメン/大手筋商店街

ぎょうざの店冨士さんのラーメンの写真

今週の昭和テイストは伏見区随一の商店街、伏見桃山の大手筋商店街にある「ぎょうざの店 冨士」さんを選んでみました。
もうずいぶん以前から前を通るたびごとに入ろうかどうしようか迷っていたお店でしたが、やっと今日、腹を決めて入ってみました。
3メートルほどでしょうか、少し長めの入り口を歩いてドアを押すと、いきなり店内が左に折れ曲がっていて、正面にカウンターがあります。どっかと背を向けておっさんがみじろぎもせず座っていて、すみません、と声をかけると「おう」とでも言うようにコップに水を入れて注文を取りにきました。とりあえずはラーメンと、屋号の一部になっているぎょうざを注文します。
座って落ち着いて店内を見てみますと、突き当たりのカウンター部分はさらに右へ折れ曲がっているようで、中々複雑な造りです。燃えたらどうしよう?どこか古くさいようで意外に片付いていたりもして、昭和と現代とが見事に融合。そして見えるような見えないような微妙な位置に昭和の白黒放送時代から平成の今にかけて活躍する水谷豊のサイン色紙がカウンターの左手上部に飾られています。
突然、どこからともなくおばあさんが出てきて、話しかけてきます。「あんた、こないだも来てたな。よう見るな。二回目か?三回目かいな?」「いえ、初めてですけど」「あはは、そうかいな」豪快に笑う大きな口は、歯が見事に何本も抜けていた。どうもこの方がおかみさんらしい・・・。対照的にほぼ無言の大将が「ほい、ラーメン」と、どん!と出来上がりました。がっしりした器からして気合いが入っています。
スープは透明感のある、見た目にも素直なすっきり正油です。一口すすってみましょう。しつこさがなく、どちらかといえば和風昆布出汁のようで胃に優しそう。トッピングは叉焼二枚、支那竹六本、刻み葱。支那竹はちょっと酸味がある他にはない味です。「どや?懐かしい感じやろ?」とおかみさん。これは鶏がらですか?と問うと、そや。時間かけて取ってんね。もうどれくらいお店をやってはるんですか?50年や。などと、詳しいお話をお聞きするのは嬉しいが、どちらかというと柔らかめで麺が仕上がっているので、のんびり食べてはいられない感じです。

続きを読む "【京都】ぎょうざの店冨士さんのラーメン/大手筋商店街"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.19

【天文】中秋の名月

中秋の名月の写真

雲が全く、あるいはほとんどないという絶好の条件で「満月」を拝む事ができました。
本当に円い満月が次に拝めるのは東京オリンピック開催翌年の2021年だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.16

【気象】台風が過ぎて・・・

台風一過の月の写真

台風18号が各地に被害をもたらし、京都や滋賀では大雨の特別警報が出て、嵐山周辺を始め水害に見舞われた地域がいつになく多くなりました。原状回復までかなりの時間と費用がかかりそうです。害を被った皆様には心からお見舞い申し上げます。
あれだけ荒れた空でしたが、夜には雲の切れ間が多くなり、静かで穏やかな時間が戻ってきました。
何事もなかったかのように、円くなり始めた月が明るい光を届けてくれています。
一日、一日、台風の被害から回復の歩みを進めましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.13

【京都】篠田屋さんの中華そば/東山区

篠田屋さん店内の写真

先日の昭和テイスト、宇治市六地蔵の「但馬ラーメン」さんの記事を書いていて思い出したのが、京阪電車三条駅のそばにある「篠田屋」さん。旅仲間の一人が小さい頃に行った覚えがある食堂ですと話していたこともあって訪問してみました。
お店に着いてみると休憩中の看板が出ていて、午後4時半から営業する由。しばし散歩して時間をつぶして、休憩が終わった頃に再訪しました。木の扉を押して入ると、そこはすでに昭和の世界でした。

続きを読む "【京都】篠田屋さんの中華そば/東山区"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.06

【京都】但馬ラーメン/宇治市六地蔵

但馬ラーメン/宇治市六地蔵の写真

自宅の最寄り駅からおけいはんでプチ遠出。
なんとなく以前から行ってみようと思っていた宇治市六地蔵にある「但馬ラーメン」さんへ。
京阪六地蔵駅を降り、アキアカネが飛び交う山科川を渡り、奈良線のガード下を超えるとコンビニさんの隣にそのお店があります。
時代が半世紀ほど逆戻りしたようなお店の扉を開けると、先客は誰もおらず、おかみさんがくつろいでいらっしゃいます。「いらっしゃいませ」とお冷やを持って来られた時に「スペシャル」を注文。エゲレス語で「特別」とは名乗っていても実質的には(並)です。
店内はいい具合に薄暗くて、建物の年代が滲み出ていて、仮にこれから出てくるラーメンが不味くても許してしまいそうな古い時間がゆっくり流れています。そして「阪神ファン」をイメージさせる掲示物がさりげなくあちこちにあって、ドラゴンズファンのわしはちょっと身を縮めたのでありました。
さて、待つ事しばし。お待たせしました、と出てきたのは、まさに昭和のラーメン。トッピングは叉焼4枚、支那竹二本、刻み葱、さらにその下にもやし。思いのほか具沢山で、それぞれが見栄えよく置かれています。スープは程よい「薄さの」豚骨醤油系。メニューにある「スペシャル」といい、この味といい、どこか第一旭に似ている気がしますが、気にせず食べます。スープは最初、油分が多いかなと思いましたが、最終的な印象としてはそれほどしつこくなく、凝らない、奇をてらわない「ラーメン屋」の味が出ています。叉焼も他店に比べて厚めなのが好ましい。麺はもう少し固い方が美味しく頂けると思いますが、とにもかくにも、これで600円也。お店の風格も味のうち。満足です。
昭和生まれの人間には懐かしさと有り難さを感じる良い「味わい」の店構えとラーメンです。
交通:奈良線六地蔵駅下車すぐ・京阪宇治線六地蔵駅下車、徒歩約5分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.05

【京都】徳島ラーメン東大/京都拉麺小路

徳島ラーメン東大/京都拉麺小路の写真

お久しぶりに徳島ラーメン、東大さんにやってきました。今回は(大)と炒飯のセットで頂きます。1000円也。
年齢不詳のバイトの女性に案内されて待つ事しばし。先に炒飯が出てきました。食べてみようとしたら続いて大盛り到着。トッピングは刻みネギと濃く似た豚肉が二切れ。あっさりしています。
まずはラーメンの豚骨醤油スープから含んでみましょう。
ううむ。塩辛い。この味を「濃い」と評するのも一つの表現ですが、いい意味で唸る濃さとはちょっと違います。先日頂いたすみれさんの正油の濃さとも。そして温度がちょいとぬるい。この濃さは、無料の生卵を落とし込んで程よい味にすべしとのことなのか。それならばスープはもう少し熱くあって欲しい。麺は(大)というにはちょっと少ないかしらと感じる量で、自己主張をいつまでも続けるような固さがあります。
炒飯はべちゃりとしていて、うーん。
今回は疑問が多少残るお味でございました。
交通:東海道本線・近鉄京都線京都駅下車、伊勢丹京都駅ビル10F、京都拉麺小路内。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.01

【京都】竹田車庫に京都市電が集結

竹田車庫に京都市電が集結の写真

京都市交通局の竹田車庫構内に市電が集結しています。N電に似た広軌1型の姿もあって、来年梅小路に作られる市電ひろば(仮称)のための下準備なのでしょう。ひろばの公開が今から楽しみです。写真は通勤の列車内から咄嗟に撮ったもので見辛いですが、ご参考までに。
参考資料:京都市広報(PDFファイル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »