« 【京都】西洞院を歩く/花屋町~天使突抜 | トップページ | 【京都】仔うさぎ »

2011.07.01

【京都】天使突抜を歩く

天使突抜を歩くの写真

西洞院から真っ直ぐ北上するだけでは能がないので万寿寺通をほんの少し覗いてみます。
ある民家の二階部分に打ち付けられていたのがこの表示板。「天使突抜二町目」の表示あり。今なら二丁目とするところですがミスでないとするならば昔はこの通り表記していたのでしょう。
古い街区表示板は二階部分など見落としやすいところに意外とよく見つかります。昔も今もこんな位置では見づらいと思いますし、京都は地名がどこも長いので文字が結構詰まっていて視力が弱い人だと読めないこともあったのではなかろうかとも思います。

天使突抜を歩くの写真

京都は細い表通りから路地を入ってさらに奥に民家が並ぶというパターンがしばしば見られます。入り口だけみると突き当たりに家が一軒あるだけに見えますが、さらに両横に家が並んでいます。
火災などいざという時は困るレイアウトです。

天使突抜を歩くの写真

一方で古い家が取り壊され、跡地には現代的な高層住宅が建ちつつあります。
街の姿も暮らしのスタイルも後10年かそこらで随分変わってしまうのでしょう。コンクリートの建物はどこか血が通わない冷たさがあって近寄り難いものを感じます。

天使突抜を歩くの写真

この街区表示板は仁丹ではなく、「塗装・看板」とうっすら読めるのでどこかの商店がスポンサーになっていたものでしょう。
これもうっかりすると見落とすようなところに打ち付けてありました。
西洞院~天使突抜・了
Camera: Richo CX-4
4:3 to 3:2 format
(Date: 2011.06.30)

|

« 【京都】西洞院を歩く/花屋町~天使突抜 | トップページ | 【京都】仔うさぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22114/52096338

この記事へのトラックバック一覧です: 【京都】天使突抜を歩く:

« 【京都】西洞院を歩く/花屋町~天使突抜 | トップページ | 【京都】仔うさぎ »