« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011.06.30

【京都】西洞院を歩く/花屋町~天使突抜

西洞院を歩く/花屋町~天使突抜の写真

日々新しくなる京都の街にも古いものはまだたくさん残っています。
今日は、京都駅を起点に西洞院を北へ散歩してみました。
早速花屋町付近で古い薬と琺瑯の街区表示板とのペアを発見。
ここに来るほんの少し前に、怪しげなジジイに「200円貸してくれへんか?」と声を掛けられました。俺も金あらへんね。そう答えるとあっさり引き下がって通りを渡り、バス停のベンチに腰を下ろしました。タイミングよくバスが来たので乗るのかと思って観察していたらバスには見向きもせず下を向いて座っています。身なりは汚れていないのでさすらいの乞食でもなさそう。寸借詐欺にしては額が小さい。
不思議なジジイでした。

続きを読む "【京都】西洞院を歩く/花屋町~天使突抜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.29

【兵庫】香櫨園

香櫨園の写真

昨日、2年ぶりに知人を訪ねて西宮市の香櫨園へ。
前途多難ではあるがおめでたいお話を聞かせて頂いた。四半世紀にわたる迂回航路がようやく終りを告げようとしている。
Camera: Richo CX-4
(Date: 2011.06.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.28

【京都】街角の食パンマン

街角の食パンマンの写真

X-700で街歩きしていた時の写真を発掘したので、ここに一枚。
何でも撮ればいいというものではないが、顔のように見えるものをテーマに撮る人も世の中にはいらっしゃるのである。
Camera: MINOLTA X-700
Lens: New MD 50/1.78
Film: Fuji RDPII
(Date: Unknown)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.27

【大阪】茶屋町~93年~その3

茶屋町~93年~その3の写真

招かれざる客は一切お断りと警視庁の銘が入った札が見える。
闖入者は防げても強力な地上げ資本に対する効き目はなかった。
Camera: MINOLTA X-700
Lens: New MD 24/2.8
Film: Fuji 1600-PR
(Date: 1993.09)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.26

【大阪】茶屋町~93年~その2

茶屋町~93年~その2の写真

一家の笑い声、子供の泣き声、犬が吠える声。
この木は喜びや涙をじっと見つめ感じてきたのかもしれない。
無機的な建物が覗き込むようにして覆い被さる。
Camera: MINOLTA X-700
Lens: New MD 24/2.8
Film: Fuji 1600-PR
(Date: 1993.09)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.25

【大阪】茶屋町~93年

茶屋町~93年の写真

地上げ華やかなりし頃、阪急梅田駅そばにある茶屋町界隈も住民が立ち退く立ち退かないでちょっとした騒ぎになっていた。
一人去り、二人去りして、表面的には若者の街という触れ込みで新しくはなったが、生活の街ではなくなってしまった。庶民の住むところなど、いくら足掻いても抗えない力によって簡単に消えてしまう。
この街を撮った時のカメラはミノルタのX-700。小型軽量でレンズも優秀ゆえ大変よく写る。AFが主流となってαシリーズに取って代わられたが、仮に現行機種とするならば一台買って損はない名機である。
Camera: MINOLTA X-700
Lens: New MD 24/2.8
Film: Fuji 1600-PR
(Date: 1993.09)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.24

【写真】ハイコントラスト白黒・了

ハイコントラスト白黒・了の写真

デジカメのハイコントラストは隙がないくらいガチガチに見えますが、フィルムだとどこか見る目が付け入る隙があるというか、とことんまで硬くするのは難しい。
でもやっぱりフィルムの方がいいですね。あくまでデジカメと比べてみての話ですけど。
Camera: Contax II
Lens: Sonnar 50/2
Film: Ilford Delta 400 Professional
(Date: 2001.02.03)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.22

【写真】続・ハイコントラスト白黒

続・ハイコントラスト白黒の写真

CX4に搭載されているハイコントラスト白黒の続編。
平凡な空の風景も雲の形によっては面白く見える可能性があります。

続きを読む "【写真】続・ハイコントラスト白黒"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.21

【京都】寶温泉

寶温泉の写真

今の漢字ならば「宝温泉」なのですが、建物に刻まれたそのままを表記すれば寶温泉。昭和初期の建造と聞いています。当時としてはお洒落な洋風銭湯だったと思われます。
京都市伏見区の伏水街道沿いは帝国陸軍の各種施設があちこちにあった割に戦争被害がなく、南に下って中書島、さらには大阪府境に近い橋本辺りまで、意外に古いものが残っています。
まだ中に入ったことはないですが、いずれ近いうちに。それよりも自分が風呂好きにならないと不可ないですが。
場所は京都医療センター(国立京都病院)敷地の東側すぐ。奈良線の車窓から建物の背中と煙突がよく見えます。
Camera: Richo CX4
Format; 4:3 to 16:9
(Date: 2011.06.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.20

【慶事】幸福の薔薇

幸福の薔薇の写真

A嬢の結婚披露パーティでお世話役をしたW嬢が、彼女から薔薇を頂いたと言って見せてくれた。
昨日の今日なのでどの花もつややかに活きている。さぞかし花嫁のA嬢も輝いていたことだろう。
ほんのりはにかむような淡い色の薔薇であったが、色褪せないようにモノクロで撮っておこう。色のイメージは心でとらえるのが一番美しい。
A嬢の新しい生活に幸多からんことを。
Camera: Panasonic FX7
Format: 4:3
(Date: 2011.06.19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.19

【写真】ハイコントラスト白黒

ハイコントラスト白黒の写真

コンデジは廉価な割にエンターテインメント的な小道具が多数搭載されています。
リコーCX4にはクリエイティブ撮影モードなるものがあって、そのうちから6つの機能が選べます。
以前、トイカメラモードで櫻を撮ってみましたが、まあこんなものかな、という印象で終わってしまいました。
今度はハイコントラスト白黒を使ってみます。取説を読んでいると硬質な感じで写りそうなので金属カメラを被写体に一枚ぱちり。やっぱり出来上がってみるとトイカメラの時と同じで、まあこんなものか・・・。ブツではなくて街歩きで撮ってみるとまた違った印象になるかもしれません。
Camera: Richo CX4
Creative mode: High Contrast B/W
Format: 4:3 to 3:2
(Date: 2011.06.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.18

【京都】近所の紫陽花

近所の紫陽花の写真

五分咲きといったところでしょうか。花のひとつひとつが細やかです。
花の描写は古い方のFX7の方が柔らかめに見えて、そちらの方がいいですね。
今日はFX7を持って出るのを忘れたのです。
Camera: Richo CX4
Format; 4:3 to 1:1
(Date: 2011.06.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.16

【京都】雨の紫陽花

雨の紫陽花の写真

しとしとと降っています。
日差しの下で見る花は綺麗ではありますが、雨中の花は落ち着いた色に見えて、どちらかといえば花は雨天に見るほうが好きなのです。
Camera: Panasonic FX7
(Date: 2011.06.16)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.15

【京都】紫陽花の真花

紫陽花の真花の写真

紫陽花を一皮ならぬひと花めくれば、そこに本当の花、真花(しんか)が花開いています。
花手毬のように見えているのは顎と呼ばれる部分なのだそうです。
Camera: Panasonic FX7
(Date: 2011.06.15)

続きを読む "【京都】紫陽花の真花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.14

【列車】連結部点灯

連結部点灯の写真

5月1日から西日本旅客鉄道は先頭車同士を連結する場合は、隙間を利用者に注意喚起するために常時点灯することにしました。
神戸の舞子駅で女性が転落して死亡した事故を受けての措置のようですが、最近の電車は昔みたいに車両同士を電線やホースでつなぐことが少なくなって連結面がすっきりしてしまい、仮に人や物が落ちたらホースなどに引っ掛かって助かるという可能性が減ったといえます。

続きを読む "【列車】連結部点灯"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.11

【京都】蒸気機関車

蒸気機関車の写真

蒸気機関車は見た目は迫力満点ですが、実際は非力であり客車や貨車が重いと坂が登れません。
昭和40年代以降、あれよあれよと電気機関車などにとって代わられて、今ではイヴェント用で使われるだけになってしまいました。
効率という面だけを見ると、仕事には向かない機関車ではあっても、それを形作る部品の一つ一つは美しく、そして精度が高い。
静かに停車している時でも、鈍く光る鉄の造形は命を感じさせます。
静かにスマートに走る電気機関車も格好良いですが、能率よく仕事がこなせても血が流れているような温か味は残念ながら感じないです。
使ったカメラはたぶんミノルタのα7000ですが、記録が飛んでいるので不明扱いで。
Film: Kodak T-Max 400 (TMY)
(Date: ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.10

【滋賀】ピカ荘

ピカ荘の写真

怪しいアパート。
撮影した約10年前の時点ではすでに潰れていたようです。
大津市は膳所にあると思うこの建物の写真はたまたまネガを整理していて発見したものながら、今となってはどこで撮ったかすっかり忘却の彼方。
仕事の空き時間に撮りに行ったらしいことはだんだん思い出してきたような・・・。
頼りない話でございます。
Camera: Kiev II
Lens: Jupitar 8; 50/2
Film: Ilford Delta 400 Professional
(Date: circa 2003)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.07

【京都】紫陽花が咲き始めました

紫陽花が咲き始めましたの写真

近所の公園で紫陽花が咲き始めています。
紫陽花といえばなぜかかたつむりという絵を思い描いてしまいますが、今日はモンシロチョウがふわりと訪れただけ・・・。
Camera: Panasonic FX7
4:3 format
+/-: -0.7
(Date: 2011.06.07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »