« 【京都】紅梅@錦天満宮 | トップページ | 【京都】旅客上屋の明り取り@京都駅 »

2010.02.28

【列車】さらば500系

今日を限りに新幹線の東海道区間から500系が「のぞみ」の運用から外れる。新幹線に乗る用事がないので500系には2回しか乗ったことがない。
山陽区間でぶっ飛ばす300km/hは一度は体感すべきものであろうが、極めて安定した状態での時速300キロはそれほどの速度ではなかった。高速で走るために生まれた車体デザインは命を賭けて闘う戦闘機デザインの美しさと強さに通じるものがあって、乗らずとも走る姿を見るだけでも楽しい。これほど格好良い鉄道車両は世界広しといえども、まず他にはないだろう。
500系に代わる主力はN700系である。これはまだ一度も乗っていない。走行性能と空力性能では500系の上を行くらしいが偏見を承知で言わせていただくなら先頭車デザインの情けなさを見るにつけ、大枚はたいてまで乗るような列車ではないと思う。工業デザインは製造や使用する上での効率も大事だが、使う人が楽しくなる要素も含んでいないと成功とは言えない。500系はその要素が車体デザインはもとより、パンタグラフの形状や車体色などあちこちに見られた。すでに鬼籍に入った0系もスタイルの野暮ったさの中に愛すべき「人柄」というものがあった。
やがてN700系も古くなって引退の日を迎えるだろう。その日は惜しまれはするかもしれないが0系や500系ほどではないだろう。N700系の後継は見て乗って楽しい列車だろうか。効率だけが優先する車両でないことを祈る。未来のことは分からないけれど、ぜひそうあって欲しい。
幸い500系は山陽区間の「こだま」で余生を送る。東海道で見られなくなるだけで、まだ乗れる「のぞみ」はある。
こいつでゆっくり九州まで旅するのも一興かもしれない。
なにはともあれ、ありがとう、500系。

|

« 【京都】紅梅@錦天満宮 | トップページ | 【京都】旅客上屋の明り取り@京都駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22114/47685774

この記事へのトラックバック一覧です: 【列車】さらば500系:

« 【京都】紅梅@錦天満宮 | トップページ | 【京都】旅客上屋の明り取り@京都駅 »