« 【列車】死電区間(デッドセクション) | トップページ | 【京都】たこ焼きの蛸益 »

2009.08.15

【列車】まだまだ走るぞ!475系

475系電車A19編成の写真

北陸本線の加賀温泉駅から金沢駅へ向かう際、運良く国鉄色の475系に出会いました。
車体の桃色とクリーム色は交流と直流の両方の電気方式を跨いで走れるという意味です。車体裾に細いクリーム色の線があるのは60Hz区間しか走れないという記号。元は急行電車用に生まれたのですが、急行が全廃された今は各駅停車の任務で生き延びています。
子供の頃に乗った博多と名古屋を結ぶ急行玄海がこの車両を使っていました(乗車区間は末端の京都-大垣のみでしたが)。なのですごく懐かしい。
おっさんになってから改めて座席に腰をおろしてみると、座布団は固くて座席間隔は小さい。これで長距離を旅するのはちょっと辛いでしょう。冷房も効きがちょいと悪い気がしましたが、これは車掌が設定した温度にも左右されることですからあくまでも主観的感想です。
車両の両端部がロングシートに改造されていますが、比較的よく国鉄時代の姿を残している形式です。走り出せば元は急行用だっただけあってそこそこ速く走る。
懐古趣味がない人には勧められない編成ですが、もし機会に恵まれたら話の種に乗ってみて下さい。昭和の人はこれに乗って300kmも400kmも旅をしたのです。
写真はクモハ475-46。去年の夏に自動車でいう車検を終えたところです。なので車体にはまだ艶があります。金沢駅にて。

|

« 【列車】死電区間(デッドセクション) | トップページ | 【京都】たこ焼きの蛸益 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22114/45964944

この記事へのトラックバック一覧です: 【列車】まだまだ走るぞ!475系:

« 【列車】死電区間(デッドセクション) | トップページ | 【京都】たこ焼きの蛸益 »