« 【静岡】駿河湾地震 | トップページ | 【列車】まだまだ走るぞ!475系 »

2009.08.14

【列車】死電区間(デッドセクション)

死電区間の写真

北陸本線敦賀駅と北陸トンネルとの間で電気方式が直流から交流(またはその逆)に切り替わります。電車はそれに合わせて機器類を直流から交流の制御が出来るようにセッティングを変えてやらねばなりません。その準備を走りながら行なえるよう切替準備区間では電気を流さない(=電気がない=死んでいる=死電区間)。ゆえに車内の電燈などがしばらく消えてしまいます。新世代の電車は架線の電気が切れても蓄電池で給電するため車内燈はついています。
直流と交流が交わる区間を古い電車で通るのは歳がいくつになっても面白いものです。
写真はクロ481-2003車内。妻子に現場で説明したところ丸々無視された。無言。

|

« 【静岡】駿河湾地震 | トップページ | 【列車】まだまだ走るぞ!475系 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22114/45965205

この記事へのトラックバック一覧です: 【列車】死電区間(デッドセクション):

« 【静岡】駿河湾地震 | トップページ | 【列車】まだまだ走るぞ!475系 »