« 【京都】三条通りにて | トップページ | 【京都】梅花 »

2007.02.21

【写真】ツァイスCレンズの製造年

人間はいくつになっても知らないことの方が多いとつくづく思う。
先日暇に任せてハッセルブラッドというカメラについて調べようと海外のサイトを巡っていました。ふと見つけたのがツァイスレンズの製造年月を知る方法です。ハッセルブラッドのカメラ本体とマガジンの製造年は固体の番号の頭にふってあるアルファベット二文字を見れば分かるというのは広く知られています。

上記の表で分かるとおりVH・・・Sの文字列が順に123・・・0に対応していることから、仮にTCで製造番号が始まっていれば1965年製ということになります。

ツァイスCレンズ

さてツァイスCレンズの場合はリアエレメントの筒に印字してある赤い数字を見ます。3~4桁の数字があるはずなのでさっそく手持ちのプラナー80mmの後部を見ると809とありました。いやひょっとしたら逆さまの608かも知れませんが向きはこちらと勝手に解釈して・・・。さて判別法は後ろ2桁が製造月です。09であれば9月。前の一桁、または二桁の数字に500Cが登場した年度である1957を加えた合計が製造年となります。うちのレンズは8なので57+8=65、で1965年製。
知っている人は知っている判別法でしょうけれど、これは知らないと全然分からないものでもあります。勉強のネタは盡きません。
#zeiss + c lens + datingなどの言葉で検索すればいくつか解説が書かれたサイトが見つかります。

追記:その後ネットを巡拝しておりましたところHasselblad Historicalという同好の士が集まるサイトに出合いました。ページの左フレームにハッセルブラッドの製造年とツァイスレンズの製造年が簡便に分かるスクリプトが仕込まれています。これはこれはと飛びついてレンズの製造番号を入れてみたら1966年製と出ました。数字の上で一年誤差が出ていますが、細かいことは気にしない!大雑把でもレンズの製造年が分かるなんて有り難いですから。

|

« 【京都】三条通りにて | トップページ | 【京都】梅花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22114/13995423

この記事へのトラックバック一覧です: 【写真】ツァイスCレンズの製造年:

« 【京都】三条通りにて | トップページ | 【京都】梅花 »