« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006.12.27

【滋賀】京阪石場駅

京阪石山坂本線580列車

京阪電車石山坂本線の石場駅を発車する石山寺行き始発の580列車。
一日が始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.21

【写真】コダクローム日本市場から撤退

コダクローム64。写真を始めた時からしばしば使用してきた外式のポジフィルムです。最後まで残っていたKR、PKR(プロ用)がいよいよ日本国内から消えることになってしまいました。すでにKM(ISO25)とKL(ISO200)は市場から姿を消しています。
条件によっては感度が低いのでブレてしまったり、色が変に写ったりと難しいフィルムではありましたがスナップから風景写真まで幅広く使用したものでした。その重厚な写り具合には捨てがたい味があります。
唯一の救いは日本以外の主要市場ではまだ販売されるようであること。どうしてもコダクロームが使いたくなったらイーベイなどの海外オークションで仕入れる以外に方法はなさそうです。とはいっても、ここ何年かは一本も使っていない身であります。というか近所のカメラ屋からはとっくに姿を消していました。仕方なく入手しやすいコニカのSRAを使っていましたが、こちらも生産中止です。コニカといえばインプレッサ50という高性能ネガフィルムもいつしかひっそり消えていました。桜写真にはうってつけの柔らかい絵が作れるフィルムでした。
結局、フィルムによる写真表現で最後まで残るのはモノクロなのでしょうか。昔からモノクロもちびちび撮っていたのでカラーから全く移行してしまうのに抵抗はありませんが、精彩なカラー表現がたとえ自己満足といえども可能となるフィルムが消えていくのはかなり寂しい。
こうしたことがきっかけできちんと写真を撮ることとは何かを今更ながら鈍い頭で考え直し始めました。

続きを読む "【写真】コダクローム日本市場から撤退"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.18

【番組】うなぎのボーリー

うなぎのボーリー

うなぎのボーリー。「ママとあそぼう!ピンポンパン」を知る世代はヘビのパクちゃんを連想させるようなキャラクターです。これは@NetHomeという通信関連事業を手がける会社が会員向けに配信しているビジネスルールを学ぶ番組だそうです。残念ながら会員ではないため配信番組自体は見たことがありません。
仕事柄、時間帯によって各局の番組を眺めることが多いのですが、あるCATV局で「何度も」流れるうなぎのボーリーのCFはあまりにベタなのでついつい引き込まれてしまいました。流れる歌も、まぁ、なんとも言えないほどの単純さで光り輝いている。今ではCFを見るのが楽しみになりました。麻薬です。これはひょっとすると隠れた人気キャラクター・・・!?

■参考記事
▼ZDNet Japan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.12

【世相】今年の漢字

漢字の日の今日、清水寺で「今年の漢字」が発表されます。
もうなんといっても今年はに盡きるのではないかと思います。昨年から引きずっている耐震強度偽装、産地偽装、食品表示偽装、履修単位偽装、ホリエモンメール偽装、タウンミーティング偽装、偽装請負、等々。大阪トヨタの中古車架空販売、車庫飛ばしといった犯罪も売れたように見せかけているため偽装に含めてよいでしょう。
いずれにしましてもあまり暗い漢字が選ばれると気持ちが萎えますから、この予測がばっちり外れますように。

続きを読む "【世相】今年の漢字"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006.12.11

【麦酒】琥珀ヱビス

琥珀ヱビス11月22日から発売された琥珀ヱビスです。なぜか近所のファミリーマートではすでに公表されていた発売日の前日、つまり11月21日に売られていました。さっそく買って飲んでみて、その後5~6本飲んでみました。
アルコール分は若干高めの5.5%。通常のヱビスに比べてその違いは飲んでも分からない。よく分かる違いといえば炭酸がぐっとくる感じです。コクとまろやかさが宣伝文句となっていますが、コクはあるとしてもまろやかさとは何をもってまろやかさというのかは評価しづらい印象です。もう少しカドが取れた味わいになれば尚良くなる麦酒だと思います。

お勧め度=★★★☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.12.10

【京都】南座のまねき上げ

京都南座のまねき上げ

京都の冬の風物詩、四条南座のまねき上げです。勘亭流と呼ばれる字体で役者さんの名前が書かれた板が並ぶさまは壮観です。書家・川勝清歩氏がお書きになっているものです。そしてその下に演目順に右から左へと並ぶ絵看板も大変な技術で描かれています。日本画家の穂束とよ國氏の筆になる絵と聞きます。不思議とまねき上げほどには話題に上らないようです。これらの絵を見るだけで歌舞伎が分からなくとも名場面が生き生きと伝わってくるようです。
12月吉例顔見世興行演目絵看板の一部を以下にいくつか並べてみましょう。

続きを読む "【京都】南座のまねき上げ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.09

【京都】山茶花

山茶花ツバキ科の常緑樹。その昔長崎の出島から西欧へと持ち出されて広まったため学名もサザンカなる由。意外にも国際的な花です。
散歩の途中、小雨に濡れて寒そうにしているところを一枚ぱちり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.08

【京都】ROHMイルミネーション2006

ロームのイルミネーション

京都の半導体メーカー、ROHM主催するイルミネーション2006です。本社そばの佐井通りにある並木道を明るく照らしています。近い距離にある京都・嵐山では明日から花灯路が始まります。併せてご覧になるときっと面白いでしょう。嵐山からは阪急電車で桂乗り換え、河原町行き急行か各駅停車で西院下車。西大路五条方面行きの市バスかショッピングセンターダイヤモンドシティ・ハナ行きシャトルバスの利用が便利です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.06

【天文】今年最後の満月

今年最後の満月

今年最後の満月です。正確には昨夜5日が月齢14.2で満月。早朝5時26分。その月が今、西の空へ沈んでいきます 。そして今日が月齢15.2、やはり丸い月で大潮です。
来年も綺麗な月の姿が拝めますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.05

【天文】内暈

内暈

午後、帰宅途中に空を見ると太陽の周りに暈が出来ていました。

続きを読む "【天文】内暈"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.04

【滋賀】続・逢坂山の紅葉

続・逢坂山の紅葉/2006国道一号線の逢坂山にある紅葉です。ほとんど葉が落ちてしまい、盛りは過ぎてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.01

【京都】師走の秋色

師走の秋色

近所にある琵琶湖疏水のほとりにて。師走に入って風がようやく冷たく感じられるようになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »