« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006.04.29

【京都】宇治田原町の八重櫻

宇治田原町の八重櫻

染井吉野が散ったあとは八重櫻があちこちで花開いています。写真の八重櫻は宇治田原町にあります。国道307号線を町の中心からやや信楽方面へ向かうと左手に見えてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【写真】W41Hのデジカメ力(りょく)

RENT

auのW41Hについているデジカメの描写力を再び見てみます。まずは近接撮影が出来る料理モードでポスターを撮ってみました。映画館の前に置いてあったRENTというミュージカル映画のポスターから切り取ってみます。もやっとした写りではありますが被写体が人物なのでこれはこれで大いに結構です。
この女優さんについては全く知らないけれどよい味を持っていそう。

続きを読む "【写真】W41Hのデジカメ力(りょく)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.28

【写真】高感度フィルムを使う(Kodak EPH)

たまたま職場の方にもらった高感度フィルムを試してみました。
もともと期限切れだったため試写という形で「昼間」を中心にあれこれ撮ってみました。銘柄はコダックのEPH(ISO1600)という増減感現像対応の内式エクタクロームです。カメラは今は昔のミノルタα-7000。レンズは24-85ミリ、100-300ミリの各ズームレンズを使用しました。
出来上がった絵を発表したところでなにがどうということでもなく、ただのお遊び独り言の類としてご笑覧ください。とは申せ、何かの参考になれば望外の喜びで御座る。

酒造所のタンク

近所にある酒造所のタンク。このような無機的な被写体にはぴったりの写り方です。

続きを読む "【写真】高感度フィルムを使う(Kodak EPH)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.26

【写真】デジカメ描写比較

W41H試写画像

auの携帯電話W41Hに付属のデジカメで弱い光の逆光撮影をしてみました。カメラ部分の詳細な仕様は一般的なカタログデータからは不明ですが、おそらくカシオの技術によるものが入っているのかと思われます。
画質の面ではそれなりには写っています。ただ条件によってはご覧のように周辺の光量が不足するようです。これについては後日、機会を見つけて晴天の空を撮影して再度確認してみましょう。

続きを読む "【写真】デジカメ描写比較"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.25

【京都】近所の八重櫻

近所の八重櫻

何年かぶりに携帯電話(au/W41H)を買い換えました。さっそく搭載されている200万画素クラスのCMOSデジカメで撮影してみます。以前は画質面でCMOSはCCDに劣るとされましたが現在目ざましく性能が上がった由。撮影してみた感じは、なるほどCCDを搭載している当方所有のニコンE950から見て少し落ちるかなと思う程度に写っています。最大サイズで細かくみるとあちこちで絵が濁ってはいます。ある程度細かい部分がうまく表現されていないとどうしても力のない絵になってしまいがちです。しかし本格的なカメラ構造を持たないであろう携帯電話「付属」のデジカメと割り切れば大した性能であるともいえます。難しい作業を要求しない撮影ではこれで十分です。次回は逆光撮影に挑戦するつもりでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.23

【雑誌】鉄道ジャーナル6月号

月に何冊か雑誌を買っています。そのうちの一冊が鉄道ジャーナルです。海外の鉄道事情や樺太にあった鉄道の話題など楽しく読んでいます。が、最新の6月号にはちょいと違和感を覚えました。それは写真です。どことなくピントが合っていないようなもやっとしたのが多い。印刷の水準が落ちてしまったのかカメラの性能が思わしくないのか。それともわしの目が老眼になったのか。写真を撮影している人はこの道一筋のプロカメラマンでしょうし、いきなり腕が落ちるわけではなかろう。
となるとやはりわしの目が衰えてきたのかしら。
とりあえずそういうことにしておこう。それにしても今月号の写真はちょっと・・・。写真を見る場合、主観的な要素を排除しきれないかと思うのでこれ以上は書かない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.22

【大阪】造幣局の林二号

林二号

林二号というちょっと変わった名の八重櫻です。花弁は15枚ほどです。
もちろん林一号というのがあって、この二号はその後に出来た品種です。説明によれば林一号は仙台の植木屋さんで林氏という方が初めて育成した新しい八重桜で、花弁数は25~30枚ということです。
いずれにしても、林一号、二号とはたとえば芋の農林一号、二号みたいな名で、農作物の品種を想起させる名前です。もうちょっと櫻らしい名前は思い浮かばなかったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.21

【大阪】造幣局の関山

造幣局の関山

関山(かんざん)という多弁の花びらをもつ櫻です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.20

【京都】京阪特急と染井吉野

京阪特急とさくら

某月某日。散歩の途中で見つけた染井吉野。背景に京阪電車3000系(現在は8000系に編入)の特急を入れてぱちり。新系列の8000系が導入されてからもこの一編成だけは生き残っています。古い時代の京阪のデザインを今に伝えている名車です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.19

【大阪】造幣局の大手毬

大手毬造幣局の今年の花は大手毬です。その名の通りちょっとした大きさの手毬のように花が固まって咲いています。
立て札にあった花の概要は以下のとおりです。

「大手毬」は多数の花が枝の先に密生して咲き、大きい手毬の状態となるのでこの名がつけられており、花弁数は20枚程です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.18

【大阪】造幣局の紅笠

紅笠

造幣局、桜の通り抜けに行ってきました。今日18日が観覧最終日です。
午後、日がまだ高い頃に歩いてきました。造幣局には多種多様の櫻が植わっているのであれこれ見るのが楽しみです。
まずは紅笠の花をどうぞ。立て札にあった説明は以下の通りです。

紅笠(べにかさ)
北海道松前で育成された八重桜で花はその名にふさわしく淡紅色の大輪である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.17

【気象】黄砂

黄砂

日本からは遠い北京で黄砂が降ったそうです。その影響なのか京都の西の空へと沈む太陽は弱弱しい姿になっていました。
砂はゴビ砂漠やタクラマカン砂漠などからくるとされています。これら砂漠の砂は果たして綺麗なのか。黄砂が降ると「車が汚れた」などと困っている人の話がニュースで流れることはあっても砂にどのような汚染物質が含まれているかについては報道されないし、ひょっとしたら満足に分析もされていない可能性があるのではと疑いたくなります。降り注ぐ砂はできるだけ吸い込まない、触らないよう自衛することとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.16

【京都】天神川の染井吉野

天神川の染井吉野(1)

京都の市街、西方に天神川という小さな流れがあります。通りの名ともなっているその川沿いにはたくさんの染井吉野が春に花を咲かせます。
全景としてはこのような並木となっています。

続きを読む "【京都】天神川の染井吉野"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.15

【京都】平安神宮の左近の櫻

左近の櫻全景

平安神宮にある左近の櫻です。4月7日金曜日に撮影しました。
この櫻のそばに「左近の櫻」と名がついた由来を記す立て札があります。それによりますと『平安時代より、紫宸殿の南階下の東方に桜が植えられ、儀式のときには左近衛府の官人らがその側に列したことから「左近の桜」と名づけられた』そうな。
全景としてはこんな感じに咲いています。

続きを読む "【京都】平安神宮の左近の櫻"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.14

【岡山】閑谷学校の染井吉野

閑谷学校の染井吉野

4月14日金曜日。
ふらりと岡山県備前市にあるへ行ってきました。岡山藩主、池田光政が今からおよそ300年前に開いた庶民のための学校で、儒学を主に教えたところです。敷地内には礼を厚くして孔子を祀り、校門や建物は支那の様式にて作られ儒学を教え学ぶ場として相応しい雰囲気となっています。一度はこんなところで勉強してみたいです。
ところ:岡山県備前市閑谷784
でんわ:0869-67-1436
開門:9:00-17:00
休館日:12月29~31日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.13

【京都】知恩院の染井吉野

知恩院の染井吉野(1)

4月7日金曜日。晴天。
知恩院の三門前に咲く染井吉野です。このところ荒天続きで今はもう散ってしまったことでしょう。旅行パンフレットかチラシみたいな構図が生ぬるさを感じさせます。こういうところが素人ですねえ。

続きを読む "【京都】知恩院の染井吉野"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.12

【京都】宇治田原町の櫻

あつぶっかけうどん

4/11(火)。今日は休みをとって友人と宇治田原町うどん(本格讃岐スタイル セルフうどんの たなか)を食べに行きました。
いつもはきつねやかまたまなので、きょうはあつぶっかけというのを食べてみました。相変わらずコシがあって美味しい。

続きを読む "【京都】宇治田原町の櫻"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.11

【京都】嵯峨野の櫻(2)

嵯峨野の櫻(2)

この櫻は昨日ご紹介した場所のすぐそばで咲いています。遠目ではたっぷりとした花の多さに見えます。
どんな花なのだろう。見えたところから2キロくらい歩いてそばに立ってみると竹藪の小さな隙間にやっとの思いで花開いたかのように咲いていました。西日が当たるので条件が悪そうなところでもこれだけ大きく育ったのでしょうか。強い風が吹くとざわざわと竹藪が騒ぐのに比して櫻は音も静かに風をさらりと受け流しています。
この花が育ってきた過去をいろいろ想像するだけでもなにやら元気が出てきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.10

【京都】嵯峨野の櫻(1)

嵯峨野の櫻(1)

嵯峨野、広沢池から少し北のほうへ歩いていきます。
あたり一面が畑となり京都らしからぬ風景が広がります。あちこちで農耕機のエンジン音がのどかに響き、ひばりのさえずりが高い空から聞こえてきます。
黄砂が降るうえに風が強い午後、散歩するには少々つらい天気でしたが歩いて目にする風景に心が和みます。
(06/4/8撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.09

【京都】植藤造園の枝垂櫻

植藤造園の枝垂櫻

4月8日土曜日。黄砂。
(株)植藤造園の櫻を見てきました。櫻守で有名な十六代目佐野藤右衛門さんが社長を務める造園会社です。この植藤造園は京都、嵯峨野の広沢池そばにあり、庭園では種種の櫻が華やかに咲いています。
まずは庭園入り口に咲く枝垂櫻の写真です。空が曇って見えますが黄砂で淀んでいるのです。お天気そのものは晴天のはず。

続きを読む "【京都】植藤造園の枝垂櫻"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.08

【京都】円山公園の枝垂櫻

円山公園の枝垂櫻(1)

4月7日金曜日。晴天。
円山公園の枝垂櫻です。京都で枝垂れといえばこの櫻を指すほど有名です。今年も綺麗な花を咲かせていますが樹勢が弱って少し痛々しい姿です。朝日新聞の記事で櫻守の佐野藤右衛門さんがおっしゃるには、『太い根が根腐れしてる』らしいです。精一杯お世話くださっているようですので来年以降も美しい姿が拝めることでしょう。

続きを読む "【京都】円山公園の枝垂櫻"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.07

【福井】妙祐寺の枝垂櫻

妙祐寺の枝垂櫻(1)

妙祐寺は福井県小浜市にある日蓮宗の山寺です。
お寺にある由来書によれば、今からおよそ130年前、檀家の一人が日蓮宗総本山である身延山久遠寺に参ったおりに櫻の苗木を譲り受けて持ち帰り、この地に植えたものが育ったのがこの櫻ということです。
時を経て櫻の周りは深い竹薮となり、人目につかぬまま咲きつづけていましたが1992年に無縁仏の改修のため裏山にある竹薮を切り開いたところ櫻の巨木が現れました。1997年には小浜市の天然記念物に指定されるほどの銘櫻となり綺麗な花を毎年咲かせています。枝垂櫻の巨木としては年齢が若いほうだと思いますから、大事に見守ればまだこの先何百年と咲き続けるかも知れません。なお開花は染井吉野より4~5日早いそうです。

続きを読む "【福井】妙祐寺の枝垂櫻"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.06

【滋賀】中仙道守山宿

中仙道守山宿(1)

4月4日。滋賀県守山市へ櫻を見に出かけたついでに中仙道六十九次の旧街道、守山宿をごく一部だけ歩いてみました。場所は守山郵便局から少し守山駅方面へ戻ったあたりです。
見た目は普通の路地です。将棋の駒の形をした街燈に目をやると中仙道守山宿とあり、この辺りを旧街道が通っていたとわかります。

続きを読む "【滋賀】中仙道守山宿"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.04.05

【京都】瑞光寺の枝垂櫻

瑞光寺(1)

京都市伏見区にある瑞光寺の枝垂櫻です。咲けば毎年のように見に行く櫻です。昨年は残念ながらうまく時間が取れず訪問が叶いませんでした。例年と変わらず元気に花を咲かせていて嬉しい限りです。
(撮影は4/4、火曜日です)

続きを読む "【京都】瑞光寺の枝垂櫻"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.04

【滋賀】守山の修善寺寒櫻

修善寺寒櫻(1)

滋賀県守山市のふれあい公園にある修善寺寒櫻です。早咲きの櫻とされ、きょう4日に出向いたときは見頃は過ぎていました。
比較的綺麗な花びらを探して撮ってみました。

続きを読む "【滋賀】守山の修善寺寒櫻"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »