« 【写真】コニカミノルタもカメラ事業などから撤退 | トップページ | 【兵庫】モノレールが残る街 »

2006.01.20

【食】米国産牛肉で特定危険部位見つかる

北米産牛肉はやはり危険です。巷間にはこれまでにも牛肉解体現場は実に好い加減な作業をしているところが多くて信用出来ないという情報が流れていました。思いがけず今回の事件でその噂があながち嘘ではなかったことが証明されたようなものです。
特定危険部位そのものは除去されていても、不衛生な解体処理が行なわれている場合は特定危険部位の体液などが飛び散って他の部位を汚染している可能性があるともされており安全性にはかなり疑問が残ります。
たまたま今回は見つかったけれど輸入再開直後から今までに入ってきた肉で見逃されていた部分がなきにしもあらず。企業による偽装や粉飾、屑官僚による不正やお目こぼしなど日常茶飯事ゆえ下々の国民は可能な限り不買などで抵抗せねばなりませぬ。
以下、20日付産経新聞オンライン版(共同)の記事から抄録。

米国産牛肉の輸入を全面停止 成田で危険部位混入が発覚

政府は20日、米国から輸入された牛肉に牛海綿状脳症(BSE)の病原体がたまりやすい特定危険部位の脊柱が混入しているのが確認されたと発表、米国産牛肉の輸入を当面、全面停止することを決めた。
小泉純一郎首相は同日夜、中川昭一農相から米国からの輸入を全面停止するとの報告を受けたことを記者団に明らかにした。小泉首相は「国民の食に対する安全・安心を確保するのは極めて重要。米国にしっかりとした対応を求めると報告があった」と語った。
輸入牛肉の検疫に当たる厚生労働省は同日、米国産牛肉の輸入手続きを保留することを決めた。
農水省動物検疫所成田支所によると、危険部位混入が確認されたのは、日本の商社が見本として空輸した牛肉で、目視検査で明らかになった。
(以下略)(共同)
(01/20 21:14)

しかしながら、牛肉の取引がやっと再開されたこの時期だからこそ信用を得る努力をするべきなのに、好機をみすみす逃す適当な仕事しか出来ないとは不道徳な馬鹿が揃っているとしか思えない。
Well begun is half done.
これくらいの英語ならわしでも分かるぞ(ちょっと自慢)。
仕事をする気もなければ、国を代表する食料製品を扱っているという気概もなさそう。「どうせ分からんだろう」という軽い気持ちしかないのでしょう。吉本新喜劇の間寛平さんの古いギャグで「ちょっとしたミスさ」というのがありますが、大日本帝国の宗主国たるアメリカ様にとっては案外そんなところなのかも知れませんな。

|

« 【写真】コニカミノルタもカメラ事業などから撤退 | トップページ | 【兵庫】モノレールが残る街 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【食】米国産牛肉で特定危険部位見つかる:

» やっぱり危険な米国産牛肉 [淡海の国から on blog]
大きなニュースの間に埋もれかけている気もしないではないですが、そら言わんこっちゃ [続きを読む]

受信: 2006.01.21 02:02

» 忘年会と焼肉 [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 12月もちょうど半分、忘年会シーズン真っ盛りです。今週は私のところでも忘年会が [続きを読む]

受信: 2006.01.22 21:51

« 【写真】コニカミノルタもカメラ事業などから撤退 | トップページ | 【兵庫】モノレールが残る街 »