« 【気象】19日にかけて大雪の恐れ | トップページ | 【沖縄】新石垣空港の設置を許可 »

2005.12.18

【気象】雪がちらつく

今日は雪の朝を迎えました。職場の窓からは琵琶湖と比良山系が遠望出来ますが、今日はほとんど山が見えず灰色の雲が麓にまで垂れ込めています。もちろん雪が降り続いているのです。時折雲が切れて山の様子が見えますが、山頂までは望めません。夜になるといつもは見えるびわ湖バレイの灯りが、今夜は見えないかも知れない。
今朝は難所が予想される逢坂山を避けて比較的よく整備されている名神高速道路を通勤経路としました。一般道路では国道1号線を除いて時速30〜40kmしか出せないのでいつもより3割ほど余計に時間がかかりました。
家から職場までの距離は片道で約20kmありますが、どの経路を取ろうとその間に山を大小併せて3つか4つ越えなくてはなりません。平時はさほど苦労しない道なのに雪が降る時期はやはり困りますね。いま改めて考えると通勤経路における平坦部分の比率はわずか数%程度しかないかも知れない。
なかなか時間が取れずにスタッドレスタイヤへの交換が遅れていますが近いうちに作業を敢行せねばと思っています。とはいえタイヤ4本を屋根裏から降ろしてくるのは結構大変なのでチェーンを買ってもいいか・・・。この10年ほどはあまり雪が降らなくなっていたのに。この冬はいつもとは違う気がします。
まだ冬は始まったばかり。可能な限り自衛して雪から身を守らなくては・・・。
明日にかけて日本海側ではさらに大雪の恐れがあるそうです。該当する地域にお住まいの方は引き続いて厳重な警戒をなさってください。

|

« 【気象】19日にかけて大雪の恐れ | トップページ | 【沖縄】新石垣空港の設置を許可 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22114/7679282

この記事へのトラックバック一覧です: 【気象】雪がちらつく:

« 【気象】19日にかけて大雪の恐れ | トップページ | 【沖縄】新石垣空港の設置を許可 »