« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004.10.31

【新潟】震度6強の地震(5)

■地震情報
▼気象庁「新潟県中越地震被災地域に関する気象情報・第12号」

■ニュース
▼産経新聞「被災地産のユリ、イトーヨーカ堂が31日から販売」
▼産経新聞「7500人、わが家に/避難勧告解除の十日町市」
▼読売新聞「ネット銀行通じ募金1万件超す」
▼産経新聞「只見線の全線開通は11月中旬以降」
▼毎日新聞「住宅再建へ、最高200万円支給−−新潟県方針」
▼朝日新聞「避難所のトイレ問題深刻化」
▼産経新聞「土砂災害など警戒呼び掛け/新幹線代行バスが運行」
▼朝日新聞「新幹線、代替バス運行/高速道路<雪降る前に一般車も>」
▼読売新聞「被災者仮設住宅、用地確保が難航…必要戸数の半分程度」
▼産経新聞「台湾が新潟県に見舞金200万円/8万ドル追加送金予定」
▼読売新聞「長野県が地震被災者とボランティアを温泉招待」
▼読売新聞「被災者震災掲示板」

■情報ブログ・サイト
▼殿下さま沸騰の日々(インフルエンザ流行の危惧)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.30

【新潟】震度6強の地震(4)

■地震情報
▼気象庁地震火山部「地震回数に関する情報(21時10分)」
▼気象庁「新潟県中越地震回数について(第17報)<PDFファイル>」

防衛庁・自衛隊
▽災害派遣について
▼29日22時00分現在
▽防衛庁・自衛隊の対応状況について<概要>
▼29日22時00分現在

内閣府
災害緊急情報
▼新潟県中越地震について(第17報:17時00分現在)<PDFファイル>

日本道路公団
▼緊急交通路を路線バスが走行します

■災害犯罪
▽不審な電話やメール、傍若無人なマスコミは最寄の警察へ通報のこと

▼日本赤十字「義援金詐欺に十分ご注意下さい」
▼NHK「地震義援金<偽メール>注意」
▼北海道新聞「市職員装い、義援金求める/北海道函館市」
▼クライン孝子の日記
↑支援物資と称してごみ同然のものを送りつけるものがいるようす。

■公共交通機関
東日本旅客鉄道
▼上越新幹線をご利用のお客さまへ
新潟交通
▼高速バス運行状況
越後交通
▼運行状況
小千谷市
▼NHK「小千谷/1週間ぶりにバス運行」
▽西日本旅客鉄道
▼北陸本線(新潟・越後湯沢方面)
特急「北越1号、7号、2号、10号」の時刻で臨時特急「北越91号、97号、92号、100号」を金沢〜糸魚川間で運転しています。

■地震情報ブログ・サイト
▼きょうもつんどく中ココログ版(かんちゃんさんのココログ)
▼新潟中越地震被災者救援本部@2ch

■ニュース
▼読売新聞「地震被災地に自衛隊がテント、車中泊の住民ら入居」
▼毎日新聞「半壊、半焼住宅に災害救助法適用」
▼読売新聞「新潟へボランティア続々、全国から土日返上で」
▼毎日新聞「重文の魚沼神社阿弥陀堂/複数の支柱に被害」
▼NHK「川口町震度7」
▼読売新聞「山古志村の341人、陸自ヘリで一時帰宅」
▼NHK「地震被害のニシキゴイを空輸」
▼毎日新聞「自宅近くにテント設置へ/小千谷で希望者に」
▼読売新聞「上越新幹線・新潟―燕三条間が再開、地震死者36人に」
▼朝日新聞「上越新幹線が新潟―燕三条間で再開/避難者は7万人台に」
▼朝日新聞「上越新幹線、新たに被害確認/消雪基地10カ所破損」
▼朝日新聞「川口町の孤立状態、6日ぶりに解消」
▼朝日新聞「わが町の保養施設使って/地震被災者へ提供相次ぐ」
▼大分合同新聞「支援物資の提供呼び掛け/新潟地震で勝手連」
▼産経新聞「北朝鮮赤十字、新潟県中越地震への見舞金3万ドル」

■人物
▼毎日新聞「山古志村の応援で医者に」

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.10.29

【新潟】震度6強の地震(3)

■地震情報
▼気象庁地震火山部「地震回数に関する情報(21時15分)」
▼気象庁「新潟県中越地震被災地域に関する気象情報/第8号」

■官公庁
▼国土地理院「新潟県中越地震関連ページ」
▼小千谷市「救援物資について」
▼首相官邸「らいおんはーと 〜 小泉総理のメッセージ」
▼内閣府防災担当「平成16年新潟県中越地震について(第14報)(平成16年10月29日10時00分現在)<PDFファイル>」
▼内閣府防災担当「被災者生活再建支援法の適用について<PDFファイル>」
▼国交省道路局「道路の被災による一般車両の通行禁止の状況について」
▼国交省北陸地方整備局「北陸地整の情報」
▼総務省消防庁「新潟県中越地震(第39報)」<PDFファイル>
▼厚生労働省「被害状況及び対応について(第11報)」

■地震情報ブログ・サイト
▼新潟中越地震「現地発」情報/地域別整理blog
↑地域別に分かりやすく整理されています(11/1にて更新中止)
▼新潟中越地区地震緊急掲示板
(10/30にて更新終了)
▼JAPAN NEWS(英語サイト)
▼山古志村緊急BLOG

■鉄道・バス・航空
▼時事通信「関越道の高速バスが運行再開=国交省」
▽関西発
▼西日本旅客鉄道「夜行列車の運転休止」

■災害犯罪
▼毎日新聞「中央共同募金会の名前をかたり電子メール」
▼産経新聞「震災版<おれおれ詐欺>にご注意」
▼朝日新聞「新潟への義援金箱、盗まれる」
▼産経新聞「共同募金会名乗る偽メール出現/地震の義援金呼び掛ける」
▼朝日新聞「偽メールで震災義援金求める/共同募金会が注意呼びかけ」
▼読売新聞「消防・自衛隊員装い、地震便乗<おれおれ詐欺>相次ぐ」
▼朝日新聞「震災悪用の詐欺事件に注意を/すでに2件、警戒呼びかけ」

■ニュース
▼毎日新聞「横田基地から新潟へ物資輸送」
▼毎日新聞「災害状況図をHPで公開/国土地理院」
▼朝日新聞「新たに2人が車中泊で死亡」
▼朝日新聞「2時間の帰村、出迎えの愛犬と再び別れ/山古志村民 」
▼読売新聞「新幹線の耐震補強前倒しを…国交省がJR4社に指示」
▼読売新聞「謎の地殻変動…本震で沈み、余震で隆起」
▼産経新聞「中国大使、日本赤十字社を訪問/被災者支援の義援金手渡す」
▼時事通信「車内生活者にテントを=ゆっくり横に、陸自が設営」
▼毎日新聞「聴覚障害者の通信に最新ITが大活躍」
▼朝日新聞「山古志の伝統、<コイ、牛も救って>自衛隊などに要請」
▼毎日新聞「全村避難の山古志村 29、30日一時帰宅」
▼産経新聞「関越道の一部通行止め解除」
▼朝日新聞「古田選手のバットで被災地支援オークション」
▼産経新聞「FM新潟、長岡で生活情報の文字放送始まる」
▼朝日新聞「米国が5万ドルの義援金・米軍もシート提供」
▼読売新聞「中越地震の観測地点名、町村合併後も従来通り」
▼産経新聞「上越新幹線、新潟−燕三条で運転再開へ」

■マスコミ・各種メディア
株式会社エフエムラジオ新潟

■その他
▼櫻護謨「電磁波人命探査装置」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.28

【新潟】震度6強の地震(2)

新潟県中越地震発生直後から追加・更新してきた前エントリー【新潟】震度6強の地震が結構な分量になってきましたので、追加情報などは今後、日毎に書きとめて行くことにします。

随時更新するつもりですので、ご訪問の時によって記述内容が異なる可能性が高いです。なお、基本的に情報源のリンク収集を中心とします。主観的なコメントはなるべく書かないつもりにしています。

■地震情報
▼新潟県「平成16年新潟県中越地震に関する情報」
▼気象庁地震火山部「地震回数に関する情報」

■災害犯罪
▼産経新聞「新潟地震の義援金箱盗まれる/埼玉」
→犯人は20歳前後の男。白と黒のチェックのセーター着用。仲間らしい男女数人と来店
▼産経新聞「自警団が窃盗警戒/地震悪用オレオレ詐欺も続発」
→窃盗犯のうわさが広がっているのは新潟県十日町市
▼東京消防庁「震災オレオレ詐欺に注意!」(PDFファイル)

■ニュース
▼毎日新聞「支援物資は満杯/小千谷市<事前連絡を>」
▼毎日新聞「大学入試:新潟地震の被災者に配慮続々」
▼読売新聞社説「人命救援へいま一段の対応を」
▼読売新聞「余震活動「確実に減っている」と気象庁」
▼読売新聞「真優ちゃん無念、死亡を確認…救出作業及ばず」
▼産経新聞「母親は死亡、真優ちゃんの救出活動続く」
▼産経新聞「脱線新幹線の復旧作業中止」

■公共交通
東日本旅客鉄道
▼「2004年新潟県中越地震」の影響による輸送障害等について
西日本旅客鉄道
▽北陸方面
▼新潟県中越地震に伴う、特急「しらさぎ号」の富山延長運転
▼特急「しらさぎ号」の時刻(PDFファイル)
□阪急バス
▼阪急バス大阪・京都〜新潟間の夜行バス「おけさ号」は運転再開(PDFファイル)[10/25現在]
□日本航空・全日空
▼日本航空「臨時便・運航便情報」
▼全日空「羽田-新潟線臨時便の運航について」

防衛庁・自衛隊
▽新潟県中越地震に係る防衛庁・自衛隊の対応状況について<概要>
▼10/28  ▼10/27  ▼10/26
▽平成16年新潟県中越地震に係る災害派遣について
▼10/28(13時00分現在)
▼10/27(22時30分現在)  ▼10/27(11時00分現在)
▼10/26(19時00分現在)  ▼10/26(15時00分現在)
▼10/25(19時00分現在)  ▼10/25(13時00分現在)
▼10/25(08時00分現在)
▼10/24(18時30分現在)  ▼10/24(09時00分現在)
▼10/23(23時00分現在)

■消防
▼総務省消防庁
▼東京消防庁「消防救助機動部隊の誕生」

天皇皇后両陛下
▼読売新聞「被災地激励、救出活動も話題に…秋の園遊会」
▼産経新聞「1700人招き秋の園遊会/被災者気遣う両陛下」
▼産経新聞「天皇賞ご観戦延期/被災地ご訪問も検討」
▼産経新聞「震災の新潟県に見舞金」
▼朝日新聞「新潟知事に被災者へのお見舞いを伝達」
▼読売新聞「中越地震の被災者へ両陛下がお見舞い」
▼読売新聞「地震被害を深夜までご心配」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.23

【新潟】震度6強の地震

新潟県中越地震午後5時56分頃/気象庁提供

17:56分頃、新潟県中越で震度6強の地震がありました。上越新幹線が脱線したり、道路が陥没するなど交通機関に影響が出ています。また負傷した方、倒れた壁の下敷きで亡くなった方もいらっしゃるようです。かなり強い震度の余震が続いているので、今後も警戒が必要です。被害が少なくて済みますように。
(当エントリーは記述量が多くなりましたので、今後は【新潟】震度6強の地震(2)にて更新を続けます)

■鉄道・バス
▽関西発
北陸、信越方面は、特急「日本海」・「北陸」・「トワイライトエクスプレス」・「北越」・「はくたか」、急行「きたぐに」、「能登」などの列車が上下とも運休となります。
▼阪急バス大阪・京都〜新潟間の夜行バス「おけさ号」は運転再開(PDFファイル)[10/25現在]

■新潟県のお天気
▼気象情報 ▼警報・注意報 ▼天気予報
▼週間天気予報 ▼時系列予報

■官公庁
▼首相官邸
▼新潟県ホームページ ▼新潟県警
▼小千谷市ホームページ ▼小千谷市なんでも掲示板
▼ながおか防災情報
▼十日町市

■マスコミ
▼新潟放送 ▼テレビ新潟 ▼新潟テレビ21
▼NHK「新潟県中越地震情報」
▼新潟日報 ▼読売新聞/新潟
▼朝日新聞/マイタウン新潟

■新聞各社の地震特集
▼【産経】新潟県中越地震
▼【読売】新潟県中越地震
▼【朝日】新潟県中越地震
▼【毎日】新潟県中越地震

■新聞各社によるその他の情報
▼【産経】ライフライン関連リンク
▼【読売】震災掲示板
▼【毎日】新潟県中越地震安否情報掲示板

■鉄道・バス・道路・航空情報
▼東日本旅客鉄道 ▼西日本旅客鉄道
▼新潟交通 ▼福島交通
▼新潟国道事務所
▼日本道路交通情報センター
▼日本道路公団
▼全日空「羽田-新潟線臨時便の運航について」
▼日本航空「臨時便・運航便情報」

■災害時の症例
□クラッシュ症候群
▼神戸新聞「災害特有の症例で明暗」
▼災害医学・抄読会
□エコノミークラス症候群
▼エコノミークラス症候群ってなに?
▼日本航空・安全情報
▼あなたの健康百科
□ゆさぶられっこ症候群
▼ゆさぶられっこ症候群についての報告
▼The National Center on Shaken Baby Syndrome

■災害犯罪
▼読売新聞「被災地の男性におれおれ詐欺、300万円被害」
▼読売新聞「震災おれおれ詐欺…安否情報を悪用、被災者へ送金装う」
▼江戸川区「地震の安否情報を悪用した詐欺未遂が発生!」
【江戸川消防署に次のような通報がありました。「新潟の地震で、親族の安否照会をNHKの安否情報に出した。25日お昼に男の声で電話があった。『○○さんは○○小学校に避難している。私は被災者をとりまとめて振込みの依頼をしたりお金をおろしている。○○さんはお金がいるので、2時までに銀行の口座に振り込んでほしい。』と。『あなたは役所の方ですか。』と聞くと『消防署の者です。』と言う。これは詐欺かと疑い、お金は振り込みませんでしたが、消防署員がそのようなことをするのでしょうか。」消防署員が金銭の振込みを連絡するなどありません。これは被災を心配する肉親の情につけこむあくどい手口です。ご注意ください。 】
▼新潟県警からのお知らせ「震災被害者を狙う悪者に注意!」

■マスコミ犯罪
▼天漢日乗「被災者が必要としている物資を買い占めるマスコミ連中」
▼時事通信「報道関係者、自衛隊ヘリが救助」
▼クライン孝子の日記

■一般のみなさまのブログや情報
▼新潟復興ボランティアを支援するBLOG
▼新潟県中越地震情報
▼新潟中越地震個人的情報発信(たけぱんださんのココログ)
▼晴れ時々地震(地震防災ポータル)
▼INTERNET Watch「リンク集新潟県中越地震特集」

■上越新幹線脱線について
▼2004年新潟県中越地震での新幹線脱線を見て思うこと(林能成さんのページ)
▼毎日新聞社説「新幹線の安全神話も揺れた」
▼読売新聞「感知システム対応しきれず」
▼朝日新聞社説「新潟中越地震−新幹線、脱線の衝撃」
▼読売新聞「新幹線脱線、激しい横揺れプラス直下型縦揺れが引き金」
▼読売新聞「新幹線脱線/中国注視」
▼読売新聞社説「新幹線の安全・地震対策を再点検しなくては」
▼産経新聞「強度的な問題はない」

■初動体制・首相の動き
▼防衛庁「平成16年新潟県中越地震に係る災害派遣について」
▼読売新聞「初動体制に成果の跡」
▼産経新聞「防衛庁、緊急対策室を設置」
▼産経新聞「首相、午後から新潟視察」
▼読売新聞「首相が午後に長岡・小千谷市視察、強い意向で中止撤回」
▼朝日新聞「小泉首相が地震被災地を視察」
▼毎日新聞「小泉首相被災地視察、豊岡視察は延期」
▼真紀子地元入り、角栄生家も被害
▽田中まきこ事務所
〒940−0053 長岡市今朝白1−7−14
TEL 0258−35−5000  FAX 0258−35−5500

■海外メディアなど
▼在日米軍:Japan Natural Ds Make 2004 Deadly
▼The New York Times: Japan Digs Out Amid Big Quake's Aftershocks (Members Only)
▼CNN: New quake hits northern Japan
▼中央日報「日本列島が『大地震恐怖』」
▼東亜日報「新潟で大地震」
▼人民日報「温家宝総理が小泉首相に電報」
▼The Voice of America: Stress Taking Toll on Japan's Quake Survivors

■巨大掲示板
▼2ちゃんねる「臨時地震」
▼2ちゃんねる「臨時地震+」
▼まちBBS「北陸・甲信越」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【京都】紅葉観光向けおとくなきっぷ

◆京都散策おとくなきっぷ◆

紅葉シーズンに入りました。京都観光におとくな乗車券類をご紹介します。備忘メモ的に随時追加という形で箇条書きして参ります。

■ 西日本旅客鉄道

▼京都フリーきっぷ
発売は11/28まで。
発売地区:金沢・和歌山・福知山・岡山・広島・福岡各地区。
京都観光一日乗車券嵐電1日フリーきっぷ叡電1日乗車券えぇきっぷがセット。
フリーきっぷの有効期間は各地区発とも3日ですので、一日ごとに京都市内で各社局のフリーきっぷが使えることになります。
▼関西往復フリーきっぷ
糸魚川〜関西圏フリー区間。発売額:19,900円(特急普通車指定席用)。有効期間:4日間。
▼京都往復きっぷ
糸魚川〜京都市内。発売額:18,200円(特急普通車指定席用)。有効期間:7日間。

京都散策・秋

紅葉だより2004

----------------------------------

■ 京都市交通局ほか各社局関連

▼いい古都チケット
発売は12/5まで。有効期間は1日。
出発地は阪急電鉄神戸電鉄山陽電鉄大阪市交通局能勢電鉄・神戸高速・神戸市交通局の各沿線。

▼京都花まる1dayチケット
発売は12/5まで。有効期間は1日。
出発地は京阪電鉄沿線。

▼京都観光一日乗車券「京めぐり」
発売は12/5まで。有効期間は1日。
出発地は近畿日本鉄道沿線。

----------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.22

【気象】台風24号

台風24号/気象庁提供

この10年間で類のないほどの被害を及ぼした台風23号に次いで、第24号が発生しています。アジア名はノックテン。ラオスの言葉で「鳥」だそうです。前エントリーでどういう基準で名前をつけているのか不思議だと書きましたが、気象庁/台風のアジア名を見ると、日本語の台風名は星座から取っているようです。

再び強い勢力で日本列島を襲撃されたら、もうよれよれになってしまいます。ところで、台風が必ずといっていいほど直撃する八重山、沖縄は本州から離れているせいか、被害があまり報道されないですね。そこで20日、21日分だけですが琉球新報から沖縄での台風23号関連ニュースを拾ってみました。

▼観光客数525万人に黄信号/台風で大幅減少
▼高潮と大波重なる/台風23号被害分析
▼座間味村道2カ所寸断/「ひどい」村長絶句
▼奥武島の臨港道路決壊/農作物にも被害
▼連絡橋、車両通行できず/慶留間島、不安募る
▼クリスマス用スイカの苗が全滅/今帰仁村
▼高波で船舶33隻被害/本島暴風域抜ける
▼村道、堤防消えた/座間味村で満潮の高波猛威
▼野菜の高騰続く/台風が県内外産地を直撃
▼陸揚げの船、波がさらう/具志頭村港川漁港
▼粟国村で米、野菜が品切れ/定期船欠航で
▼沖縄本島全域が台風の目に
▼台風23号/県内各地の被害状況まとめ
▼「方言ニュース」台風23号の被害 (要ウィンドウズメディアプレーヤー)

--------------------------------------------------------------

台風24号/気象庁から

気象庁の台風24号情報から

台風情報によりますと、これまでの台風同様、進路を大きく変えてしまうようです。八重山、沖縄地方の方々はくれぐれも警戒して下さい。
(10/25早朝この項追加)

--------------------------------------------------------------

■琉球新報から
▼与那国がけさ暴風域に

沖縄タイムスから
▼与那国・石垣地方けさにも暴風域
▼八重山の空・海路乱れる
▼与那国で最大瞬間43・5メートル

八重山毎日から
▼野菜が高騰/家計直撃
(10/25夜間この項追加)

--------------------------------------------------------------

台風24号は温帯低気圧に/気象庁提供

台風24号は26日12時に温帯低気圧に変わりました。
(10/27午前この項追加)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.10.16

【京都】京阪電車運転士さんお手柄

すり現場、窓に映り逮捕
京阪電車内で運転士が目撃

京都新聞電子版を眺めておりますと、へえ〜。こんなこともあるんですね、というような出来事がありました。
記事によりますと、地下線内を走る京阪電車の運転士さんが、窓ガラスに反射して映った掏模の犯行現場を目撃。終着の出町柳駅から警察に通報して犯人が逮捕されたそうです。捕まったのは住所不定、無職の男(54歳)で、14日23時20分頃、京阪丸太町〜出町柳間を走行中の急行列車内で、女性会社員のバッグから現金やキャッシュカードなどが入った財布を盗んだ疑いです。

京都府警下鴨署によると、運転士は、運転席の真後ろの座席で熟睡していた女性の横に、男が寄り添うように座ったところを、運転席横の窓ガラスに反射して映ったのをみて、不審に思い注意して見ていたといい、「逮捕につながり良かった」と話している

ということで、どこで誰が何を見ているか分からない。常日頃から、行ないだけは正しくありたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.10.13

【気象】台風23号と部分日食

台風23号/位置図(気象庁提供)

▲広い範囲の画像

台風23号/位置拡大図(気象庁提供)

▲台風の部分を拡大したもの

気象庁によりますと、また台風が発生したようです。これで第23号。アジア名はトカゲというそうな。これって、日本語の「蜥蜴」なのでしょうか。アジアといっても言語の数はかなりありますので日本語とは言い切れないですが、おそらくそうなのでしょう。誰が命名しているのかしら。このまま北上したら、日本のどこかに上陸しそうです。それまでに弱まってしまいそうな気もしますが...。自然が相手なので油断は禁物。

一方で、明日は2年ぶりになる部分日食が、午前中から昼頃にかけて、九州南部から南をのぞく日本全国で観測できるようです。なぜかあまりニュースにならないですけど。関西ではあまり大きくは欠けないようですが、たぶん仕事中だろうから見られない可能性大です。

--------------------------------------

台風23号/気象庁提供

台湾の方へ逸れていくようです。八重山諸島の方々、またそちら方面へお出かけの方々は要注意。
(10/16この項追加)

--------------------------------------

台風23号/気象庁提供

逸れるかと思いきや、直撃コースではありませんか!予想を裏切る進路。
(10/18この項追加)

--------------------------------------

気象庁が午前9時に観測したデータを元に発表した内容です。

台風第23号(トカゲ)
2004年10月19日10時
<実況>
大きさ:超大型
強さ:強い
存在地域:那覇市の南南西 約160km
中心位置:北緯24度50分(24.8度)
東経:127度20分(127.3度)進行方向、速さ:北15km/h(9kt)
中心気圧:950hPa
中心付近の最大風速40m/s(80kt)
25m/s以上の暴風半径:全域220km(120NM)
15m/s以上の強風半径:全域800km(425NM)

▼台風第23号に関する情報
▼台風第23号に関する京都府北部気象情報
(10/19この項追加)

--------------------------------------

台風23号/気象庁提供

台風23号は超大型から少し勢力が弱まって大型となりました。
山陽新幹線や航空機、船舶など、交通機関に目立った乱れが出始めています。
(10/20午前この項追加)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.10.12

【政治】幹事長代理のブランチ

安倍自民党幹事長代理のブログが、結局10月いっぱいで閉鎖ということになってしまったようです。残念。今後は何らかの形で情報発信を考えてはいらっしゃるようですので、そちらに期待することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.09

【気象】台風22号

台風22号予想進路/気象庁提供

それにしても、今年は台風がよく来ます。この22号を含めて本土上陸は9つめになるはず。
これを書いている時点で、京都市内は日中には降っていた雨が止んで平穏です。嵐の前の静けさ、でしょうか。
台風が来ると被害のことに考えが向いてしまいますが、地震とは違って予想が立てられますから、いざというときの準備はそれなりにしておくことができます。
自然災害とばかりとられる台風も、見方を変えれば乾いた大地に恵みをもたらすもの。昔なら川が氾濫して土壌が豊かになり...、といったようなこともあったでしょうが、人でいっぱいになった現代の都市には通用しなくなってしまいました。
人が豊かな営みを続けるためにビルを建てたり高速道路を造ったりするのも結構ですが、台風などの雨を受けとめて地面がうまく呼吸できて新たな生命を育めるような都市構造でないと、自然の恵みを循環させることがやがては不可能になる。
別に酔っ払っているわけでもないのに、こんなとりとめのないことを考える今日この頃。
秋の夜長ゆえ...。

府県気象情報/京都府
台風情報
内閣府防災
防災ものしりノート

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »