« 【京都】銭湯のある風景(1) | トップページ | 【カメラ】旅カメラのレンズ »

2004.07.04

【カメラ】カメラに悩む

最近はデジカメばかりで写真を撮っている。
古い型式のデジカメなので、高画素数の時代には完全に乗り遅れている。日常のメモ程度の認識で使っているからこれで特に不満はないが、そのカメラを使って撮ることに飽きてくる。当然、発作的にカメラが欲しくなる。それはデジカメであり、またもちろん銀塩でもある。銀塩のカメラはコレクターほど沢山持っているわけではないが、普通の人よりは多く所持している。その中で何を一番使っているかというと35ミリならコンタックスRXとプラナー50ミリというありきたりの一眼レフ基本セットかコンタックスG1にビオゴン28ミリという広角基本セット。中判カメラも何台かあるが、現在のところ出番が一番多いのはキエフ60にヴォルナ80ミリがついたこれまた基本セットであろうか。
これだけで風景から人物、街角のスナップまでみんな撮ってしまう。別に不自由しない。ということは、これで機材は充分なのであり、殊更新しく買う必要もない。また買ったところで1回か2回試写しただけで、あとは使わないカメラが増えるだけなのだ。いわば無駄な買い物なのであり、そんなのに金をかけるのであればフィルムを買ってたくさん撮影するほうが何万倍もマシである。それでも欲しくなる。欲が深いからだろうか。
あのカメラを使えば、もっと自在に撮れる。いや、このカメラだと○×というレンズが使えるから表現の幅が広がる。あれ?それならあっちのカメラのほうがレンズの選択肢が広いし、ちょっと散歩にぶら下げていくにはもってこい。なに。レンズ交換が出来ない2眼レフの方が焦点距離の雑念から自由になれる表現者向けのカメラである。
日頃は鈍らな頭脳なのに、こんなときはさまざまな考えがすぐに浮かんでくる。それは誰かを説得するためではなく、先に書いた欲深なせいでもない。自分を納得させるための言い訳なのだ。カメラ購入を正当化するためだけの、他には役に立たない自分勝手な言い分である。
一番情けないのは、カメラを買うことだけが目的化している。興味ある機種なら、35ミリでも中判でも予算にさえ収まっていれば何でも良いのである。デジカメでも問題ないところがまた馬鹿である。もちろん写真は結局大して撮らずに終わる可能性が非常に高い。
これは端的に言って病気である。

|

« 【京都】銭湯のある風景(1) | トップページ | 【カメラ】旅カメラのレンズ »

コメント

あぁ~わかります(-〝-*)
私もなんだかんだと、フィルムカメラにはまってから、既に12台になりました。
うえのさんと同じく、マニアの方からするとまだまだな数かもしれませんけど、普通の人よりは断然多いですよね( ̄▽ ̄)
結局は、お気に入りなカメラ、頻繁に活躍するカメラは、その中の2~3台程(2台ぐらいかな…)、でも、どんどん新しいものが欲しくなる。
新しいものを買う時の意欲としては、
「しばらくはこれ1台あれば、色んな写真が撮れる!これさえあれば充分。これがあればもう他はいらないな。」
なんて、”いつも”思い買うものの、実際、1本撮ってみると、思うようにいかなかったりして…。
「やっぱりこっちのカメラが一番。」
と、いつものカメラ、使いやすいカメラに戻ってしまう。
すごく気持ち共感しました(*´m`*)

投稿: まゆ | 2008.05.23 12:30

まゆさん、コメントありがとうございます。
カメラは何台あっても悩ましいですね(笑)。写り具合なんかどれも大差ないと自分に言い聞かせつつも、持っていないカメラのファインダーを覗いて「これなら綺麗に撮れる」と欲しくなったことは数知れず。
でもいっぱいあると故障した時の修理代が大変です。
撮りたいもののテーマがはっきりしているのならば、これぞ!というカメラ1台か2台だけ持って撮るのが粋ってものですね。good

投稿: うえの | 2008.05.23 18:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22114/6619010

この記事へのトラックバック一覧です: 【カメラ】カメラに悩む:

« 【京都】銭湯のある風景(1) | トップページ | 【カメラ】旅カメラのレンズ »